代表藏前隆俊【地元で35年間新築750棟の設計・監理・施工に携わった実績をもつ】

中古住宅の診断は住宅の寿命を延ばし、快適安心価値向上失敗しないリフォーム
    への
道標として最も重要な事と思います。
◇平成30年4月1日より既存住宅の売買には既存住宅状況調査技術者建築士
 の調査、報告が必要となります。弊社は代表は資格証明をえており、現在までの
 
12年間の耐震診断設計耐震補強業務と共に調査診断をいたしてまいります。
現在の建物が法令にどの程度適合しているかを調査する事は重要なことです。
◇『我が家を自信をもって売りたい』『安心して中古住宅を買いたい』人のために。
中古住宅を購入したがどの程度の期間もつか大丈夫か不安を解消するために。
◇築20年を超える
中古住宅の購入を有利(住宅ローン控除)にしたいを願っている方へ
              
                耐震基準適合証明書を発行します。
中古住宅購入リフォームで有利な増改築証明等発行ができる技術者です
地域を限定する事はお客様のお住まいの地域の条例等を熟知していることです
◇現在の状態を知る事は今や
地球温暖化阻止へのストック型社会の第一歩となります
営業エリアは30分~40分で駆けつけられる神奈川県地元の湘南地域です。
◇弊社には営業マンは居りません。お客様と私どもには必要ないと思っています。

   又も突然
熊本を大地震が平成28年4月14日に襲いました。
   今も苦痛に余震に耐えながら毎日を生きようとしている被災者の方々へ心より
   お見舞い申し上げ、お亡くなりになられた方へ哀悼の意を表します。

   『東日本震災は天災であり人災でした。心の地域の完全復興を一刻も早く!!』

新生住研の徒然草


 お電話のお問い合わせ
 
0467-58-9327

 
フォームでのお問い合わせ
 
(
24時間受付中)

 Emailでのお問い合わせ
mail@sinsei-juken.sakura.ne.jp

プライバシーポリシー

 祝令和3年  コロナウィルスとの闘い世界中の皆様にとって1つの平和な世界となりますよう願います
湘南地域(茅ケ崎・藤沢・平塚・他)中古住宅の調査・診断を35年間750棟の設計、監理、施工の実績を持つ建築士が行います。

      

中古住宅の状況調査・診断

診断の準備
□建築確認書(図面、仕様書、構造計算書、検査済み証のファイル)

□重要事項説明書(購入時発行されたもの)

□各保証書(シロアリ、他設備機器)

※以上のものがないときはご相談ください。
弊社にて現況図面作成、公共機関での調査を別途料金にて行います。

調査項目
診断結果報告
□診断書の作成・報告書の提出(写真含む)

□不具合部分、劣化部分、構造主要な部分のリフォーム方法の提言書提出

□上記費用の算出(見積もり書作成提出

□耐震基準適合証明書の発行(詳細はクリックしてください)

診断費用
現況の確認書関係書類(図面、重要事項書等)の書類があるとき
調査・中古住宅診断のみ
55,000円
上記書類がないとき

中古住宅診断必要事項の調査(図面作成共)と診断

77,000円
上記書類があり
耐震診断を同時に行う場合
中古住宅診断と耐震診断
88,000円
上記書類がなく
耐震診断を同時に行う場合
調査後中古住宅診断と耐震診断
110,000円
耐震適合証明発行
 適合証明関係添付書類共

22,000

(有)新生住研建築士設計事務所     住宅リフォーム・耐震診断・住宅設計 神奈川県茅ケ崎市萩園1092-3
トップ 会社概要・プロフィール リフォームの実績・事例new! 耐震診断補強の疑問  リフォームの流れ |   リフォームで失敗しないためにリフォームスタイル よくある質問new!お役立ちリンク 新生住研徒然草|    |プライバシーポリシー
2021年 カレンダー
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2021年 10カレンダー
当社は毎週水曜日が定休日です
、日祝祭日は営業しております。
□敷地、建物の外部、の法令に適、不適・汚損、破損、不具合の診断

□建物内部の法令に適、不適・不具合・劣化度、の診断

□構造上主要な部分の検査、診断、耐震診断

詳細はこちらからどうぞ 

上記費用は建物床面積が100㎡までです。10㎡増すごとに11,000円(税込)追加となります。
                    こちらか
3
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 26 26 27 28 29 30
31
全て(税込み