コロナウィルスとの闘いは、ひとり一人のおもいやりの心を失わないことではと想いたい
雨漏り修理~雨漏りは知らないうちに住まいを蝕んでいます。いつでも的確な無料原因調査で対処できる地元専門店へ
「大切な家族の我が家のために雨漏り調査(無料)をしてみましょう。」
                  こちらから

新生住研の徒然草


お電話のお問い合わせ
0467-58-9327

フォームでのお問い合わせ
(
24時間受付中)

Emailでのお問い合わせ
mail@sinsei-juken.sakura.ne.jp

プライバシーポリシー

Email ; mail@sinsei-juken.sakura.ne.jp
□ 屋根の破損、劣化によるもの

□ サッシ廻りの防水紙・防水テープ処理不良によるもの

□ 外壁の劣化、ヒビ割れによるもの

□ 屋根の塗装工事不良、壁止まり板金不良によるもの

□ 雨樋の詰まり、破損、軒出小によるもの

□ バルコニー床・手すりの防水不良劣化、
   取り付け間違い
部分の破損、劣化によるもの

□ 壁通気層の確保なし、外部からの何らかの衝撃に
                            
よるもの

雨漏りの原因調査は無料にて行います。
雨漏りは原因が上記の如く1つに起因するものと、複合的

に重なり合ったものと様々な要素があり突き止めるのには

困難な場合があります。針の穴でも毛細管現象

で水は侵入してきます。しかし、放っておくと

建物の腐食により構造体の劣化
カビやダニの発生、

シロアリの被害
が起こり、建物の寿命を縮める

だけではなく、人体への健康被害をも起こします。

そうなる前に早めに対処しましょう。

雨漏りの修理見積
もりは
無料にて行います。
安心いただける
地元のリフォーム専門会社です。

当社には営業マンは居りませんので決してしつこい営業はいたしません。

お問い合わせフォーム
(24時間受付けていす)はこちらからどうぞ

電話お問い合わせ
0467-58-9327

Email
mail@sinseijuken.sakura.ne.jp

窓廻りの壁に多数
ひび割れがあり
ひび割れを処理した
シーリングの後も見
られる。
おそらく窓枠
から侵入した雨水が
壁下地を剥離させ
ヒビワレを招き、更に
そのヒビワレからも
雨水が入る
連鎖現象
となった事が考えられる
2021年 カレンダー
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
壁を剥がしてみると下
地の胴縁板が黒く
変色して、
腐っていた
原因は外壁のひび
割れからの水の浸入
窓廻りの防水処理
がなされていなかった
また、結露有り
得る
2021年10カレンダー
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
無知な塗装業者による施工失敗が原因
今まで雨漏りがなかっ
たのに、
急に3箇所
部屋の中に溜まるよう
なひどい雨漏り。
原因は最近の屋根
塗装の際に屋根
材の
重なり部分まで
塗りつぶした事.
(縁切なし)
進入
した水の逃げ場が
なくなったため
当社は毎週水曜日が定休日です
※営業時間 8:00~19・00
日祝祭日も営業しています 
 
無知な雨漏り補修業者の施工失敗が原因
雨漏りの原因調査は無料にて行います。
天井よりひどい雨漏り
原因は他の無知な
業者により
瓦の隙間
全てシーリングした事。
進入した水の逃げ場が
なくなったため更に、
瓦内の換気が取れず
結露を起こした事。

葺き替えの時上の瓦を割らねばならなかった。

雨漏りの修理見積
もりは
無料にて行います。
安心いただける
地元のリフォーム専門会社です。

当社には営業マンは居りませんので決してしつこい営業はいたしません。

天井よりひどい雨漏り

原因は屋根の重なり
部分の
劣化
長い間に多量の雨漏
りがあったことが
屋根
下地の
シミで窺える。

早急の対処をしないと
屋根の
下地が腐り屋根
が落ちる
危険性あり。
お問い合わせフォーム
(24時間受付けていす)はこちらからどうぞ

電話お問い合わせ
0467-58-9327

Email
mail@sinseijuken.sakura.ne.jp

天井よりひどい雨漏り

上記の雨漏り処理風景
屋根の重なり部分の
防水処理を施す。

今後の状態を観察し
定期的にメンテナンス
が必要です。
壁のひどい雨漏り
長い間多量の雨漏りの
シミ
この原因は、2階の
窓枠の防水処理が
なされいないため
長年の劣化により雨
水が多量に侵入した
事が原因。
2階の窓廻り
の防水処理を必要とした。
雨漏りが知らない間
壁の内部に侵入し
柱、筋交を腐食させ
ていた。
更にシロアリが柱と
筋交内部に入り殆ん
ど本来の形がない
状態です。
このまま
放っておくと
建物の
倒壊を免れ
ない状態でした
雨漏りの原因調査は無料にて行います。
上記の柱の内部

白い点がシロアリです。
シロアリの消毒は近年
されたそうでしたが、
内部の状態までは分か
らずに消毒処理は
されていませんでした。
鉄骨造り店舗の雨漏り(海沿いの湘南レストラン雨漏り修理)
窓木枠の腐食によりペアガラスに取替え処理
全窓木枠の長期雨漏りによる腐食、埋木処理
屋根、窓周りの防水劣化の処理と塗装工事
天窓のガラス枠の劣化による雨漏り処理
鉄筋コンクリート造りの雨漏り(バルコニー床の長年防水層劣化による)
天井裏の雨シミ、他の業者の天井内側から誤処理跡(黒)
サンルーム天井雨シミ、防水層の劣化
古い防水層を撤去し、新防水層を作る
(2階バルコニー)

新防水層の上に既存タイルと同じタイルを張る
屋根裏の野地板雨シミが多く見受けられる
屋根上スレートを剥がすと防水紙(ルーフィング)が破れ屋根下地板の雨シミが多く見られる。
防水紙をゴム系ルーフィングに張替えました。
新防水紙のうえに新規スレート屋根材を葺き完成
雨樋の詰まりによる25年間の知らぬ間の雨漏りで大変なことになってしまった。
出隅基礎上の土台と通し柱が腐食し喪失した地震による倒壊の危険性耐震補強の方法により修理!!
雨樋横の通し柱下端、土台がありません
通し柱土台の下の基礎しかありません
左に同じ
腐食した土台へ蟻道(黒蟻でした)
土台、通し柱の腐食部分を全て取り除く
向かいの柱と梁に耐震補強金物設置
腐食補修後通し柱と梁に耐震補強金物
向かいの他紙らと土台に耐震補強金物
柱を胴差張りを耐震補強金物で補強
上記工事完了後塗装仕上げで全完成
柱・土台・梁に跨ぎ構造用合板張り
戸袋復元ご透湿防水紙貼
柱を胴差張りを耐震補強金物で補強
外壁下地モルタル塗りのための板張り
                     こちらから
(有)新生住研建築士設計事務所  住宅リフォーム・耐震診断・住宅設計 神奈川県茅ケ崎市萩園1092-3